缶詰は味方

缶詰は味方

缶詰はいざというときの味方です。
災害のときの非常食としても常備している家庭も多いとは思いますが、缶詰にはその他にも利用価値がありすぎてビックリです。
缶詰ということで、フルーツ、魚、肉系のものもあります。
最近では、パンとかお菓子の缶詰もありますね。
多くの種類を常備準備しておきたいですよね。

 

主婦の皆さんだと、体調の悪いときなどはさば缶やさんまのかば焼きなどの缶詰があれば夕食の1品としても使えますし、
晩酌のおつまみにもなりますね。
フルーツ缶も、熱が出たときに食べたくなることもあるので、準備しておくと慌てないでしょう。
ツナ缶はサンドイッチ、サラダ、実は魚の代わりに大根などと煮込むことも可能。しっかりと油を切って利用しましょう。
まさに、一石二鳥ともいえるのが缶詰なのです。

 

また、缶詰ですからそこまで値段が跳ね上がることもなく、価格は割と安定しているとも言えるでしょう。
安いときに買いだめしておくことで、安く済ませる方法もあります。
賞味期限も長いので、このようなことが可能なのです。
災害時にと思って購入しておいた缶詰も賞味期限が近づいてきたら、このようなことに使えます。
ポイントは安いときの買いだめです。