必ずスープを作る

必ずスープを作る

毎食、スープをメニューに付けることも節約のコツかもしれません。
体も温めますから、体温を上げ、免疫力を上げてくれます。

 

どうしても、味噌汁ばかりになりがちという人もいますが、具材を変えればかなり変化がありますし、味噌の種類を変えたりするだけでも違います。

 

しかし、中華スープ、すまし汁、トマト系、クリーム系、コンソメ系などなど…種類多く作ることができれば、毎日の食卓も豊かになります。
たくさんの種類のスープを作る際に必要なのは、だしの準備でしょう。
和風だし、中華だし、コンソメだしなどです。
和風だしでもかつおからこんぶなどいろいろありますし、コンソメもチキンからポークまでありますから、揃えておくと料理の幅が広がります。

 

できれば、パセリやバジルなども家庭においておくと料理のポイントになり、さらにおいしくなります。
家庭での料理が充実していると、外食する気持ちが起きないので、結局節約になるのです。
料理をすることを楽しむことが大切なのです。

 

私がよく利用しているのですが、トマト缶を使ったミネストローネ、シーフードミックスを使ったクラムチャウダーは多めに作ります。
残ったら、ゆがいたパスタに合えればパスタソースとしても使えます。
スープパスタも結構おいしいですよ。